大和郡山城 特番

大和郡山城の天守台石垣に転用石が多く見られるのは、かなり有名なことであるが
確かに、これでもか!と云うような処に据えられている。
f0201711_11238100.jpg

明らかに色も形も異様な、右側の黄土色っぽい石がそれだ。
天守台の周辺には、供養塔も見受けられる。
【2012.1撮影】





かなり魅了されてます(^^)
f0201711_1301115.jpg

f0201711_1321641.jpg

上段右手は、天守台。
[PR]

by hanami_yagura | 2014-09-20 01:33 | 城郭 | Comments(4)

Commented by fotopics at 2014-09-20 07:58
転用石って面白い発想ですね。
でもどのような目的で、転用したのでしょうか?
そしてこれは、大和郡山城独特のものなのでしょうか?
ところでお城と言えば、ここ駿府城。
幻の天守閣再建の話が出ていますが、予算の面で実現するかどうか・・。
まずは再来年からの発掘調査が気になります^^
Commented by hanami_yagura at 2014-09-21 00:39
・fotopicsさん
目的は、まだよくわかっていませんが故意であることは確かですね。
また、大和郡山城独特なものでもありません。
今年訪ねた和歌山城の天守台でも見受けられましたし、
また、福智山城の天守台にもイロイロ使われておりますよ(^^)

駿府城の天守再建の情報は得ております^^v
かなり無謀な計画だとは思いますが・・・
市民の浄財で建てるのか?それだけの資金が集まるのか
どうか微妙です(^^;
先ず、駿府城の場合本丸を完全に復元しないと始まらないと云うリスクがあり・・・
これまた、ほぼ名古屋城と同規模の天守台を復元再築しなければならないということ。
少なくとも60~100億の資金が要るとの試算もあるらしいです。
いや~かなり壮大な国家プロジェクトになりそうでね~
再建したらしたで、その維持費も莫大かと。。。
まぁ~動向は、気になりますけどね(^^)
Commented by fotopics at 2014-09-21 17:27
さすがhanami yagura さん、地元の私よりお詳しいですね^^
確か本丸跡には、幻の今川館の遺構もあり、美術館建設を断念した経緯もあると聞いております。
これまでに2か所再建された、櫓だけでもかなり立派だし、古へのロマンを感じるには十分かもしれませんね。
Commented by hanami_yagura at 2014-09-22 00:37
・fotopicsさん
いえいえ(^^;
城郭ファンとして、史実に忠実な復元・再建できるならば応援できるのですが・・・ってとこはありますね(^^)
目先の観光や時代に流されては、ただの無用の長物になりかねないのも事実です。
そのあたり、市長なり知事はどうお考えなのか・・
う~ん
やはり、模擬ではダメだと思います。
念入りに資料を見つける、古写真があればいいんでしょうけど。

蛇足ですが・・
福井城では、山里口御門の復元を計画してますが
明治初年に撮られた古写真にチラッと写っていておよその高さが判明できる資料として注目されていますよ。
また、現地発掘では門の礎石が出土したり梁を渡していた石に窪みが見つかったり。